前へ
次へ

冠婚葬祭の結婚式におけるメイクは、式場の雰囲気に合わせます

社会と共存している中には、時に触れて、人とのお付き合いの場面が生じます。
喜ばしい晴れやかな場面もありますが、悲しみに沈む場面なども経験する事があります。
 冠婚葬祭の場面は、生活の中で発生する事があります。
人が集う中で、正式に催される式典などもありますので、ある程度のルールに則っての参加が必要になります。
 メイクをする場合にも、個人で様々なやり方を施しますが、やはり場の雰囲気を壊さない配慮は必要です。
結婚式の場合には、普段着よりは、スーツやドレスなどを着用する事になります。
着用する衣装によって、色味を合わせるなども行う場合があります。
晴れやかな席ですので、暗い黒などの装飾を避け、明るめの色味をもってくるメイクをする事ができます。
但し、結婚式の場合でも、最近ではかなり地味に、親しい人だけで行う式なども増えています。
この様な場所では、自分だけが浮いてしまう様なメイクは避ける配慮をするべきといえます。

Page Top